Gallery Camellia

プロフィール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

 * * * ギャラリー・カメリアより個展やイベントのお知らせです。 ギャラリースペースご利用希望の方は、ギャラリー・カメリアのサイトご参照のうえ、お気軽にご相談ください! * * *

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内藤由味子 個展 『SAND DROPS』

Sat.06.09.2014
内藤由味子 個展 『SAND DROPS』  開催のお知らせ


2014年9月23日(火)〜10月5日(日) 12時〜19時  
※9月29日(月) 休廊
※最終日17時まで

yumiko.jpg


ギャラリー・カメリア企画展のお知らせです。
砂漠での砂嵐の最中と砂嵐が過ぎ去った後の景色を、カメリアの空間で絵本のように展開させます。

砂があることで見えなくなるもの。
砂が落ちることで見えてくるもの。...
そしてその逆もある。
内藤由味子が表現する”可視・不可視の世界”。

ギャラリー・カメリアでは初めての発表となります。
この機会に是非ご高覧ください。



内藤由味子  Yumiko Naito

写真家

1971年 北海道室蘭生まれ
1995年 桜美林大学国際学部国際学科卒業
1998年 バンタンキャリアスクール写真科修了 
その後、奨学金を得てニューヨークで写真研修を受ける

現在、東京在住


世界の〈果て〉を求めて、アイルランドを旅した際に撮影されたシリーズ「LANDs END」(2004)では、その荒涼とした風景の中に、果てにあるからこそ際立つ生命の輝きをとらえている。

その後、バルト海沿岸の旅から生まれた作品群「visible horizon」(2005)では、その視線はより遠くへと向けられ、視地平(天文学で、目に見える地平の限界)を追いかけることで、その先にある世界を表現している。

目の前の景色と向き合いながら、それを越えた“目に見えないもの”を意識して撮影された写真は、その場所の空気や音、時間をも内包し、静かに、我々の前に扉を開く。見る者は遥か遠くの世界へと思いを馳せるだろう。


[個展]
2002年 「花詩ーはなうた」(アートコクーン/東京)
2004年 「LANDs END」(アートコクーン/東京)
       「LANDs END」(ハイク/東京)
2005年 「LANDs END」(M.Y.Art Prospects/ニューヨーク)
       「つきあたるまで」(ギャラリーキャプション/岐阜)
2006年 「Landscapes」(パワーダイニング FUMA /東京)
2007年 「ota-etu (オタエトゥ)」(ハイク/東京)
2013年 「Ωα:終わりと始まり」(switch point/東京)

[グループ展]
1999年 「Chelseas vol.1」 (代官山フォトギャラリー/東京)
       「Chelseas vol.2」 (代官山ギャラリー/東京)
2000年 「Chelseas vol.3」 (代官山ギャラリー/東京)
       「Chelseas vol.花」 (ギャラリールデコ/東京)
2001年 「Chelseas vol.4」 (ギャラリールデコ/東京)
2002年 「Chelseas vol.5」 (ギャラリールデコ/東京)
2003年 「ことのは」(ギャラリークレイドル/横浜)
2004年 「Spiral Take Art Collection」(スパイラル/東京)
2011年 「tokyo story vol.1」(現代HEIGHTS/東京)
         「Showcase show」(Showcase/メグミオギタギャラリー/東京)
2013年 「waft」(現代HEIGHTS/東京)













スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。