Gallery Camellia

プロフィール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

 * * * ギャラリー・カメリアより個展やイベントのお知らせです。 ギャラリースペースご利用希望の方は、ギャラリー・カメリアのサイトご参照のうえ、お気軽にご相談ください! * * *

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平体文枝展・開催のお知らせ

Sat.07.04.2012
< 平体文枝展 『池のおもてをみつめていると』 開催のお知らせ >


2012年4月9日(月)~4月21日(土)
12:00 open 19:00 close (4/15 close)
会場 / a piece of space APS (ア・ピース・オブ・スペース・アプス)  & Gallery Camellia(ギャラリーカメリア)

hiratai2012.jpg



a piece of space APSでは、企画展シリーズ“a piece of work”の第24回として、平体文枝展「池のおもてをながめていると」を4月9日(月)—4月21日(土)に開催致します。2009年に以来、2回目の個展となる今回も奥野ビルのAPSと同じフロアにあるGallery Camelliaの2会場にて、新作10点あまりを展示いたします。
平体文枝は、筑波大学芸術専門学在学中から都内のギャラリーでコンスタントに発表。2002-03年に文化庁研修助成を受けベルギーに一年滞在し、制作を深めてきました。独特な中間色と色の組み合わせで、風景の一部や心象風景、時にテキスタイルの模様かのような抽象作品を制作してきました。その画面は油彩とオイルスティックで何層にも重ねられ、しっとりと肌理細かな画面は空間に溶け込んでいくかのような仄かな光を放っています。
近年は抽象化を深め、いかに少ない筆致で奥行きとイメージの拡がりを作り出すかに挑戦してきました。まだ乾ききらない画面や筆致の上に筆を走らせることで、向こう側に溶け込むような奥行きと風が吹くかのような清々しさを生み出しています。油絵具の中に果敢に踏み込むことで、その特長を引き出し、新たな世界観を私たちの目の前に現出します。平体文枝の新作をどうごご高覧ください。

企画:三ツ木紀英 / Norie Mitsuki











スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。