Gallery Camellia

プロフィール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

 * * * ギャラリー・カメリアより個展やイベントのお知らせです。 ギャラリースペースご利用希望の方は、ギャラリー・カメリアのサイトご参照のうえ、お気軽にご相談ください! * * *

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「堀木由紀個展・1/f」のお知らせ

Sun.24.04.2011
『堀木由紀個展:1/f~星花七宝』開催のお知らせ




2011年5月13日(金)~5月19日(木) 12:00~19:00(最終日17:00close)
5/13(金) オープニングパーティーを行います(20:00まで)






YukiHoriki_omote_convert_20110424160014[1]_convert_20110424160151












スポンサーサイト

能・狂言入門のご案内

Sun.24.04.2011
< 初心者のための「能・狂言」入門開催 >


歌舞伎講座に続き、オフィス・イイダさんの企画による、「能・狂言」の入門講座を開催いたします。

まだ観たことがないけれど興味がある。
観たいと思っているけれど、どこで何を観たらよいかわからない。
一度観てよくわからなかったけれど、面白いならまた観てみたい。

・・・そんな方々に、能はどこをどう観ると楽しく面白く観られるのかをお伝えする講座です。
1回目、2回目の講座をギャラリー・カメリアで行い、3回目は国立能楽堂にて、実際の能鑑賞をいたします。


お申込み・お問い合わせはオフィス・イイダまで
オフィス・イイダ サイト → http://officeiida.com/event/event3.html



第1回

2011年4月26(火)19時~20時30分予定

能の歴史、明治以降を中心に、歴史的事項、能の上演や能楽師について。
ex.「なぜ1日しか上演しないのか?」など、疑問に思う事を解説。


第2回

2011年5月31日(火)19時~20時30分予定

「通盛みちもり」(3回目に実際に鑑賞する能)と狂言「音曲聟」の内容、出演者の紹介、
どこをどう観るとよいのか、謡の詞章の紹介など、能を中心に当日のお役立ち内容を解説。


第3回  能・狂言鑑賞「通盛みちもり」「音曲聟」

2011年6月17日(金)18時30~約3時間
会場:国立能楽堂 →http://www.ntj.jac.go.jp/nou.html


定員 : 各回とも15名
講習費 : 1、2回 2,000円(教材込)
3回目の鑑賞教室は、脇正面2,790円/脇後ろGB席2,790円/中正面2,340円

講師:木村仁恵
立教大学修士課程修了後、高校の時間教師を経て、歌舞伎・能の映像・字幕作成の仕事にかかわる。
現在、国立能楽堂の座席字幕表示作成を担当。









裏庭さん・Atelierl el さん・MIKAKOさんありがとうございました

Sun.10.04.2011
< Atelier el Excibition 最終日 >


神戸からお出での『Atelier el』さんの展示は早くも最終日となってしまいました。
5日間という短い期間でしたが、気持ちのいいお天気にも恵まれ、
とても素敵な時間を提供くださいました。 たくさんの方のご来場ありがとうございました。
残念ながら今回ご覧になれなかった方や、購入を迷われた方はAtelier elさんまでお問い合わせください。

http://blog.goo.ne.jp/morges_




展示風景から少しだけ。

20110410el3.png 


20110410el.png 


20110410el2.png 



20110410el4.png 



同じビルの1階の素敵なアンティークショップ「裏庭」さんが、たくさんの写真とともにご紹介くださいました。
ありがとうございました。

http://uraniwa-charlotte.blogspot.com/2011/04/atelier-el.html

『裏庭』さんには、フランスなどから買付た可愛らしいアンティークがたくさんあります。
1階にもぜひぜひ足をお運びくださいね。
銀座一丁目の桜並木も、奥野ビル入り口の木瓜や花海棠も見ごろです。









また、3月開催のMikakoさんの「おはなし展」は、小さなころから慣れ親しんだおとぎ話のプリンセスたちが、色鉛筆によってカラフルに紡ぎだされていました。
会場内はお花でも満たされ、500色という数の色鉛筆を用いて描かれた作品は、観ている人をとても明るい気持ちにさせるものでした。



みなさまほんとうにありがとうございました!






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。