Gallery Camellia

プロフィール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

 * * * ギャラリー・カメリアより個展やイベントのお知らせです。 ギャラリースペースご利用希望の方は、ギャラリー・カメリアのサイトご参照のうえ、お気軽にご相談ください! * * *

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「べっきしょうこ展・弦と淵」開催のお知らせ

Mon.25.10.2010
2009年11月にギャラリー・カメリアにて作品を披露くださった、べっきしょうこ氏による個展のお知らせです。



べっき氏は、5年ほど前から「落葉」を使った絵を発表されており、現在は「木口木版」による表現も追究されてます。
「木口木版」とは椿や柘植などの堅い木の枝を輪切りにして磨いた断面にビュランという彫刻刀で細かい線を彫りつけていく手法で、一続きのものの或る切り口が小さな絵となって残ってゆきます。 



2010bekki1.jpg



< べっきしょうこ展 『弦と淵』 >



2010年11月20日(土)~28日(日)  13:00~19:00(最終日17:00close) (原則・作家在廊)


  ●会期中の11月21日(日)及び、11月28日(日) 15:00~16:00  

   パフォーマンス 「duct visions ダクト・ビジョンズ」 を開催いたします。
   展示と合わせてどなでもご覧いただけますので、皆様お誘い合わせの上是非お出で下さい!


  ●11月21日(日) 16:00~ オープニング・レセプション

   パフォーマンス終了後、簡単なレセプションを行います。
   こちらもどなたでもご参加いただけますので、是非お越し下さい。



べっきしょうこサイト



(以下 べっきしょうこ氏より)

 2010年3月に卒業した京都造形芸術大学の卒展では、この手法で「本」をテーマに"内なるアイデアの重み"を表現しました。版画としては発展途上ですが、自分が思っていることの表現手段として、すっと入ったきたものです。今回は「心の琴線」をテーマにインスタレーションに挑戦します。


人は心に弦を持つ
そこに何かが触れ、響く
残響の粒はいつまでも
深いところに残っていて
ふと、また顔を出すことがある
埋もれていても確かにある、
大切なもの





2010bekki2.jpg 





スポンサーサイト

カレンダー展開催のお知らせ

Fri.22.10.2010
< Kammer Exhibition ~ Now and Then ~ >



昨年に引き続きグラフィックデザイナー・Kammer氏によるカレンダー展を開催いたします。

時間の流れを、今も昔も変わらない不変要素を抽出し、シンプルな作品をシンプルな空間に展示します。是非ご高覧下さい。









kammer.jpg






<開催日時>

~ Now and Then ~ 
               Kammer Exhibition 

2010年10月30日(土)~11月5日(金) 
13:00 open → 19:00 close

会期中はKammer氏によるオリジナルカレンダーの販売も致します。









歌舞伎講座のおしらせ

Thu.21.10.2010
「ようこそ!歌舞伎ワールドへ!」


カメリアと同じ奥野ビル内で4階にギャラリーを構えるOFFICE IIDAさんの企画による、初心者向けの歌舞伎講座を開催致します。



まだ観たことがないけれど、興味がある。
観たいと思っているけれど、どこで何を観たらよいかわからない。
一度観てよくわからなかったけれど、面白いならまた観たい。

そんな方々に、歌舞伎はどこをどう観ると楽しく面白く観られるのかをお伝えする講座です。すぐに劇場に行って歌舞伎を楽しむことが出来るように、当月・翌月上演される演目の見所解説を交えながらお話します。

歌舞伎にご興味のある方はこの機会にぜひ!
素敵に楽しい歌舞伎ワールド、一緒にはまりましょう!




<開催日程>

2010年11月10日(水) 18:30~
2010年12月22日(水) 18:30~
2011年 1月12日(水) 18:30~

受講料:各回 2,000円
会 場:ギャラリー・カメリア(銀座奥野ビル502号)

講 師:加藤敦子

(講師プロフィール)
立教大学・聖心女子大学非常勤講師。日本近世文学専攻。
東京大学大学院博士課程退学後、放送大学、ソウル女子大学校などで歌舞伎・人形浄瑠璃の講義を担当、現在に至る。
主な著作に、
「近世演劇に登場する"キリシタン"」(『アジア遊学』勉誠出版・2009年)
「元禄歌舞伎と"源氏物語"」(『源氏物語と江戸文化』森話社・2008年)など。
研究分野は、歌舞伎・人形浄瑠璃(文楽)・浮世絵・江戸文化・韓国演劇・韓国映画。



各回とも約60分~90分程度です。
1回でも2回でも勿論3回全部でもご参加ください!



お申込・お問い合わせはOFFICE IIDAまで

〒104-0061
中央区銀座1-9-8 奥野ビル408
tel&fax 03-3564-3218
mail:info@officeiida.com

http://officeiida.com/event3.html



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。